REGIEVO by Regius Evolution

STAFF BLOG

参考にしたい2016-2017秋冬メンズファッションのトレンド

参考にしたい2016-2017秋冬メンズファッションのトレンド

こんにちは。レジエボスタッフの長尾です。
猛暑が続いている中ではありますが、暦の上では立秋を過ぎました。
街のリアルなショップでもネットショップでも、すでにチラホラと秋冬モノが並び始めていますね。そう、ファッション業界ではすでに秋冬なのです。
そこで今回は、一足早く2016-2017年秋冬メンズファッションのトレンドを簡単にご紹介したいと思います。

流行のシルエットは?

2016年の夏はボリュームのあるトップスとタイトなボトムの組み合わせがトレンドのシルエットです。
ビッグシルエットTEEとスキニーの組み合わせなどはその王道スタイル。
秋冬もこのシルエットは継続して流行りそうですので、素材によっては春夏で買ったアイテムでも十分に着回しできそうです。
とはいえ、秋冬はアウターを着ることになるので夏のファッションほど簡単ではありません。
そんな時はアウターの丈の長さに応じて組み合わせるアイテムを選びをしながら、ベストバランスなシルエットを作っていきましょう。

ショート丈のアウターを着る場合

GジャンやMA-1のようなショート丈のアウターならば、長めのインナーと組み合わせください。この時のインナーは、アウターの裾からインナーの裾がしっかり出るくらいのロング丈のものチョイスすること。もちろんボトムはタイトシルエット。
夏のトレンドスタイルにショート丈のアウターを合わせるようなイメージです。

ロング丈のアウターを着る場合

ロング丈のアウターとして代表的なアイテムとしては、昨年人気だったチェスターコートなどがありますが、今シーズンは素材の変化やデザインの変化などバリエーションが広がっています。やや薄手のものを選べば秋口からでも着られますね。

インナーやトップスとの組み合わせはショート丈のアウターほどシビアではありませんので、よほど雰囲気の違うものでなければ、ある程度どのような組み合わせでも大丈夫です。
ただし、ロング丈のアウター自体のシルエットは大きく重い印象なので、裾がテーパードされたボトムを組み合わせて足元を軽くしながらバランスを整えましょう。
理想はアンクル丈。それだけで全体がスッキリと軽快なシルエットになります。

re2016aw2

流行のカラーは?

トレンドカラーの傾向はズバリ、アースカラー(Earth color)。中でもカーキが安定した人気を集めるでしょう。
カーキは2016年春も人気色でしたが、春よりもややトーンを落とした濃い目のカーキは、より落ち着いた秋らしい雰囲気が出せます。
おすすめのカラーコーディネートの基本は黒との組み合わせ。クールで男っぽい雰囲気を出しつつも、アースカラー独特の柔らかさが絶妙なバランスを生み出します。

カーキ色の着こなしについてはこちらをご覧ください(追記:2016/12/1)


そしてもう一色、注目したいのがベージュ。カーキや黒とも相性が良くソフトで明るいトーンなので、差し色的に加えることでメリハリの効いたワンランク上の組み合わせに。
一歩間違うと無骨なイメージだけが強調されてしまうカーキと黒との組み合わせを上品にまとめてくれます。
冬場には白のニットにベージュのアイテムを合わせて温かみのあるカラーコーディネートにするなど、アレンジの幅が広い色なので、ぜひともベージュを取り入れてみてください。

注目のアイテム5選

最後に、2016-2017の秋冬でトレンドとなりそうなアイテムを5つ厳選してみました。ショッピングの際にはぜひチェエックしてみてください。

ショート丈のGジャン

トレンドのビッグシルエットのインナーとも相性が良く、気軽に羽織れるヘビロテアイテム。
上からコートを羽織ればインナーっぽく着ることもできる万能アイテムなので、一着あるととても重宝します。
ウォッシュやダメージ加工の具合、さりげなく凝ったステッチなどで個性を出したいアイテムです。

Gジャンのおすすめ記事についてはこちらをご覧ください(追記:2016/12/1)

MA-1

春先に大ブレークしたMA-1は、コーディネートのし易さと気軽に羽織れる感覚もあって、まだまだ人気継続中です。
おすすめは定番の中綿タイプではなく、ロングスパンで着られてコーディネートの幅も広い中綿の無い薄手のもの。
色は人気色のカーキがおすすめですが、人気色だけに他人とカブる可能性が非常に大きいのも事実。
ファストファッションのお店でも扱ってますもんね…。
ということで、レジエボ的に推すのは柄物!特にカモフラ(迷彩)柄はMA-1本来の雰囲気を壊すことなく、他人カブりを軽減できるのでとてもおすすめです。

MA-1の関連記事についてはこちらをご覧ください(追記:2016/12/1)


ステンカラーコート

昨年のトレンド、チェスターコートは今シーズンも根強い人気となりそうですが、一方ではステンカラーコートが注目を浴びつつあります。
癖の無いナチュラルなデザインは、カジュアルにもドレスにも馴染むキレイ目なスタイリングが楽しめます。
一着あるとコーデの幅ぐーんとが広がる、魔法のアイテム。
流行に流されにくい定番アイテムなので、ちょっと奮発して良質なものを手に入れたいですね。

タートルネックニット

MA-1のような首周りにボリューム感のないアウターがトレンドの傾向にある現在、昨年流行ったようなクルーネックのニットをインナーに組み合わせてしまうと首周りが寂しくなりがち。
このボリューム感をバランス良く補うアイテムとして活用したいのがタートルネックのニットです。
特に、ケーブル織りやジャガード織りのような表情のあるものは、単体で着てもスッキリしすぎない絶妙な存在感が出せるのでおすすめします。

タートルネックニットの着こなしについてはこちらをご覧ください(追記:2016/12/1)

アンクル丈(9分丈)パンツ

裾がテーパードしたタイトなシルエットのパンツは今シーズンも主流ですが、裾の長さに変化が出てきています。
従来はくるぶしが隠れる長さのものをロールアップするスタイルでしたが、更に足元がスッキリと見えるくるぶし丈のパンツに注目が集まりそうです。
タックを入れて、よりテーパードシルエットを強調したタイプなど、新たなスタイルも注目されていますのでチャレンジしてみるのも良いでしょう。


以上、2016-2017年秋冬のメンズファッションについて、トレンドをまとめてみました。
レジエボのオンラインショップでも新作秋冬アイテムが続々入荷中ですので、でひともご覧ください。

オンラインショップを見てみる

REGIEVO SPRING/SUMMER COLLECTION 2017

SPECIAL CAMPAIGN

<REGIEVO Original Mix Sound CD プレゼント実施中>
名古屋のクラブシーンで活躍するDJ PASELI氏とKAI氏がプロデュースする、Coolなサウンドでイメージしたレジエボの世界観。大人のサウンドビートを詰め込んだREGIEVO オリジナルミックスサウンドCD第4弾。
REGIEVO Official Online Shopで商品をお買い上げのお客様にプレゼント実施中!
dj
SPECIAL CAMPAIGN