REGIEVO by Regius Evolution

STAFF BLOG

ステンカラーコート色別のおすすめカジュアルコーデ

ステンカラーコート色別のおすすめカジュアルコーデ

こんにちは。レジエボスタッフの長尾です。
12月に入り、いよいよ本格的な冬がやってきました。
今回の記事で取り上げるのは、シンプルでクラシカルな印象が魅力のステンカラーコートです。
シンプル故にコーデの幅も広く、スーツに合わせるビジネスシーンからカジュアルなシーンまで着回ししやすいアイテムですが、今回の記事ではカジュアルシーンでの着用に焦点を絞り、大人っぽく着こなすためのポイントとコーデ例をカラー別に解説します。

カジュアルに適したステンカラーコートとは?

解説の前に、カジュアルシーンで着るためのステンカラーコート選びについて少々。
古くから定番的に親しまれているステンカラーコートの種類は多岐に渡りますが、素材的な視点ではウール素材のものとコットン素材のものに大きく分類されます。
防寒性だけで比較すればウール素材に軍配があがるわけですが、ウール素材ならではのフォーマル感の影響か、ビジネスシーンで着られることが多い印象です。これは偏見かもしれませんが、「通勤のお父さん」的イメージ。。。カジュアルシーンで着るならば、日常の生活感のようなものは醸したくないものです。
ということで、ずばり!カジュアルシーンで着るならコットン素材のステンカラーコートを選んでください。
ちなみに、下の写真で紹介しているレジエボのステンカラーコートは、防寒対策として脱着式のライナーが付属していますので真冬でも安心。秋口~冬~春先の3シーズンで着られるので経済的にもお得です。

カジュアルシーンでの着こなしポイント

上述のとおり、ステンカラーコートをカジュアルシーンで着こなすうえで最も大切なことは「お父さん感」を出さないこと。つまり、ビジネスシーンの匂いを消すことです。
とは言え、カジュアルアイテムばかりを組み合わせてしまうと子どもっぽさが色濃くなってしまうので、バランスには注意が必要です。カジュアルとはいいつつも、どこか上品さの漂う大人のコーデを目指したいものです。

これから紹介するレジエボのコーデ例は、以下の3つを着こなしのポイントとしています。

  • コーデの中に着崩しアイテムを加える
  • 首元が寂しい場合はアクセサリーや襟を立ててアクセントを付ける
  • シューズの表情でカジュアルとドレスのバランスをとる
  • ぜひ、注目しながらご覧ください。

    ベージュのステンカラーコート その1

    レジエボ:ステンカラーコート

    白パンツ+着崩しのデニムシャツを合わせた鉄板のきれいめカジュアルには、ベージュのステンカラーコートがとても良く似合います。
    インナーの黒いニットとデニムシャツでカジュアルな雰囲気を出しつつ、カッチリした印象の表革のレザーシューズを組み合わせて、崩しすぎない絶妙バランス。
    ダーク色を控えめにすることで、秋〜春先まで季節に影響されることのないロングスパンでの着用ができるのも良いですね。

    ベージュのステンカラーコート その2

    レジエボ:ステンカラーコート

    ベージュのステンカラーコートは、ブラックのダメージデニムに同系色のニットを組合わせたシックなカジュアルスタイルにも好相性です。
    モノトーンとの組み合わせは、グッと大人の雰囲気になりますよね。ネックレスやストールなどをで襟元にアクセントを付けると更に効果的です。
    こちらの場合も、表革のレザーシューズを組み合わせてカジュアルに寄りすぎない大人のスタイル。

    カーキのステンカラーコート その1

    レジエボ:ステンカラーコート

    アースカラーの代表とも言えるトレンドのカーキ色は、ネイビー系のカラーとの相性が非常に良いので、ぜひブルーデニムを組み合わせてみましょう。ダークで重厚な印象になりがちなカーキのアウターには、シンプルな白シャツを組み合わせることで、明るく軽快な印象になります。
    インナーのシャツには小ぶりな襟のものをチョイスして、コートの襟と一緒に立てて着ることで、大人っぽく程よいアクセントに。
    秋冬っぽい雰囲気で着こなすならば、カーキがイチオシです。

    カーキのステンカラーコート その2

    レジエボ:ステンカラーコート

    こちらはトレンドのワンタックのスラックスパンツを組み合わせて、落ち着いた印象を強めたスタイリングです。
    ポイントはインナーっぽく組み合わせたGジャン。ステンカラーコートとスラックスパンツの組み合わせはいかにもビジネスっぽい雰囲気になってしまうものですが、Gジャンを加えて着崩すことで、きれいめなワーク・ミックススタイルに仕上がります。
    合わせて、足元は表革ではなくスエード素材のシューズを組み合わせると、さらにビジネスっぽさを解消できます。

    ブラックのステンカラーコート

    レジエボ:ステンカラーコート

    ブラックのステンカラーコートの魅力は、無駄を削ぎ落としたそのシンプルさです。
    あえてカラーは使わずモノトーンコーデでまとめることで、シンプルさが更に際立ち、クールな大人の印象にで着こなせます。
    ポイントは、組み合わせる各アイテムでトーンの濃淡をしっかりつけること。
    写真のコーデ例では、インナーに白基調のカットソー、ボトムにはチャコールグレーっぽくウォッシュされた黒のダメージデニムで立体的に濃淡をつけています。
    足元は、カジュアルダウンしすぎないよう、表革のシューズをチョイス。


    以上、ステンカラーを大人っぽいカジュアルで着こなすためのコーデ例でした。
    シンプルなステンカラーコートはレイヤード(重ね着)もしやすく、多彩な着回しができるのが魅力です。くれぐれもお父さんファッションにならないよう、上述の3つのポイントに注意しながら着こなしてくださいね。

    記事で紹介したステンカラーコートを詳しく見る

    REGIEVO SPRING/SUMMER COLLECTION 2017

    SPECIAL CAMPAIGN

    <REGIEVO Original Mix Sound CD プレゼント実施中>
    名古屋のクラブシーンで活躍するDJ PASELI氏とKAI氏がプロデュースする、Coolなサウンドでイメージしたレジエボの世界観。大人のサウンドビートを詰め込んだREGIEVO オリジナルミックスサウンドCD第4弾。
    REGIEVO Official Online Shopで商品をお買い上げのお客様にプレゼント実施中!
    dj
    SPECIAL CAMPAIGN